宗派や規模で選ぶ安心できる葬儀スタイル【故人の見送りは丁寧に】

葬式

死に備える

線香

死んだ後の葬儀などの費用も決して安いものではありませんので、葬儀業者の積み立てサービスなどを利用する事も検討してみると良いかもしれません。このようなサービスを利用する際は、近しい者にその事実を伝えておく事も大事と言えるでしょう。

お葬式会場を探すなら

葬儀を板橋区で検討されているならこちらのサイトで安心して任せることができる葬儀社を紹介しているので参考にしてみましょう。

画面の緑化や自然の光を取り入れている宮前区の葬儀は故人が安らかに眠ることができるようになっていますよ。

お得に利用する

葬式

板橋区には公営・民営・寺院の3種類の斎場すべてがあります。そのため、自分の希望する葬儀の会場を選ぶことが出来ます。公営の会場であると、どの宗教にも対応してもらえる、費用が安いといったメリットがあり、民営であると、費用は場所によって異なりますが、規模や宗派などといった様々なことに柔軟に対応してもらえますし、何よりきれいな会場が多いです。寺院であると、自分の宗派のお寺で葬儀を行うことが出来ます。東京23区内で利用することの出来る区民葬儀の制度はもちろん板橋区でも利用することが可能です。これを利用することで葬儀の費用を安くすることが出来ます。板橋区内の斎場でもこの区民葬儀の制度を利用することが出来る斎場があるので、板橋区外で葬儀を行う心配はありません。

会社の選び方は

葬儀を行う際、慎重に行わなければいけないのが葬儀社を選ぶことです。葬儀は遺族にとっては故人を盛大に見送りたいなどと言う希望のある人も多いですが、そのような遺族の気持ちを利用して、費用を無駄に高くするために無駄なオプションをたくさんつけるような悪徳業者も少なくはありません。そのため、業者選びはとても大切であると言えます。選び方に関しては、地域に古くから根付いている業者を選ぶとほぼ問題ないと言って良いでしょう。また、親族に葬儀の手続きを行ったことがある、喪主を経験したことがある人がいる場合はその人におすすめの会場を教えてもらえると、特徴やサービスに関して詳しく知ることが出来るのでそのような人に聞いてみるのも良いでしょう。

遺品の量が多ければ多いほど整理に時間がかかって大変ですよね。遺品整理を東京で行なっているこちらの業者にサポートしてもらいましょう。

故人の見送り方

お墓

通夜と告別式を営んでから遺体を火葬に付すというのが、昔からよく行われてきた一般的な葬儀の形です。しかし、そのような形の葬儀を行えば、高額の費用がかかります。ここ数年は、高額の葬儀費用に疑問を感じる人が多くなってきたため、火葬のみの直葬形式が採用されるケースが増えました。

故人の供養方法

お墓

人が亡くなると、まず遺体を火葬に付し、その後にお墓や納骨堂に遺骨を埋葬するというのが一般的な葬儀の流れです。しかし、近年になり、お墓や納骨堂を利用するのではなく、遺骨を置物に加工して身近な所に置いておいたり、海に散骨したりする方法を選ぶ人が増えてきました。