宗派や規模で選ぶ安心できる葬儀スタイル【故人の見送りは丁寧に】

葬式

故人の供養方法

遺骨を供養する方法とは

お墓

海外では亡くなった人の遺体をそのまま土葬することが多いですが、日本国内では原則的にまず火葬に付すことになっています。日本の場合、亡くなった人の遺体を全て土葬できるほど、墓地にあてられる土地がないという物理的な問題があることに加えて、衛生上の観点からも火葬が望ましいと考えられているためです。また、日本には火葬を忌避する宗教の信者が少ないという事情もあり、人が亡くなると葬儀の後で遺体を火葬に付し、四十九日法要等に合わせてお墓や納骨堂などに埋葬するというやり方が一般的になっています。しかし、近年、お墓や納骨堂を利用せずに別の方法で遺骨の供養を行う人が多くなってきました。具体的には、遺骨を置物に加工したり、散骨したりするような方法があります。

海に遺骨を撒く場合には

散骨という供養方法を選んだ場合、お墓や納骨堂を購入する必要がなくなりますので、その分の費用を節約することができます。また、墓守の問題を気にする必要がないため、お墓や納骨堂の承継者がいない人にとっては都合のよい方法だと言うことができます。ただし、好きな所へ行って自由に遺骨を撒いてくるようなことはできません。ですので、散骨を希望している場合は、まず散骨の専門業者に相談してみる必要があります。散骨の専門業者を利用すれば、専用船をチャーターして海に遺骨を撒くことができるようになります。その場合、遺骨が自然に還りやすいように、火葬に付した遺骨を細かいパウダー状に加工してくれます。故人の家族にとっては何物にも代え難い大切な遺骨であったとしても、他人からしてみると薄気味悪い物であることは事実です。ですので、遺骨だと認識できない位に細かく砕き、少しでも早く自然に還れるようにしてやることが必要になります。ほとんどの散骨業者は遺骨加工用の機械を持っていますので、とても細かい粒子に加工してくれます。