宗派や規模で選ぶ安心できる葬儀スタイル【故人の見送りは丁寧に】

葬式

故人の見送り方

葬儀形式

お墓

人が亡くなった場合、必ず葬儀をあげなくてはならないという決まりがあるわけではありません。ただし、火葬も葬儀の一環であると考えた場合には、葬儀の実施が必須ということになります。現在の日本では遺体を土葬することができませんので、必ず火葬に付すことになります。多くの場合、火葬場に遺体を運んで行く前に、何らかの宗教的儀式を執り行いますが、どのような儀式を行うかによってかかる費用が大きく変わってきます。従来は、まず通夜を行い、その翌日に告別式を営んでから火葬場に行くという手順を踏むのが当たり前のようになっていました。しかし、それだけのことを行うということになると、結構まとまった額の費用がかかります。でも、通夜や告別式を行わない直葬という形式を採用すれば、必要最小限の出費で済ませることができます。

火葬だけの葬儀

一昔前まで、直葬形式で葬儀を営むのは、よほど経済的に困窮している人か、身寄りが誰もいない天涯孤独の人だけだというイメージが一般的になっていました。経済的余裕がない人は、多額の費用をかけて葬儀を行うことが現実的にできませんし、たとえ無理に行ったとしても、弔問客がほとんどいない寂しい葬儀になってしまうのがオチです。ですので、故人や遺族の意向というよりも、必要に迫られて直葬形式が採用されることになるケースが大半でした。しかし、最近では、その状況が大きく変化しています。簡単に言ってしまうと、葬儀に多額の費用をかけることに対し疑問を感じる人が増えてきたのです。そのため、現在では、立派な葬儀を営めるだけの経済的な余裕があっても、自分のポリシーを貫くために直葬形式を選ぶというケースが多くなってきています。